Marinedoor.com           
  誰もが楽しくヨットに乗れるようにするサイト ヨットリンク集  ヨットに乗りたい人  仲間・クルー募集  マリン用品  ヨットの本  ヨットスクール etc.
   
MENU

ホーム
ヨットへアプローチ
ゲスト心得
船酔い対策
服装・持ち物
ヨット豆知識
ヨットの保険
FAQ
お問い合せ
Marinedoor.com
MAINCONTENTS

<<<ヨットの保険>>>

ヨットに関連する保険のご案内ページです。

保険に入っていますか?・・・日本小型船舶検査機構(の保険情報をご覧ください)

当ページが"ALL ABOUT"で紹介されています・・・海上保険情報

スーパーヨット保険、クルー保険
多くのヨットは、「ヨット・モーターボート総合保険」に入っているとは思うのですが、ゲストとしてヨットに乗りにいくならインターランドが開発した「クルー保険」がお勧めです。「国内旅行総合保険」では補償の対象外となってしまいます。
詳細は→こちら(インターランド)

日本セーリング連盟メンバー保険
JASF(日本セーリング連盟)のメンバーを対象とした保険・・・こちら

一般的なヨット・モーターボート総合保険
ヨット・モーターボート総合保険とは、
 @船体保険、
 A賠償責任保険、
 B搭乗者傷害危険担保特約、
 C捜索救助費用担保特約
の4つから構成されているヨット・モーターボート専用の総合保険です。
※東京海上日動火災保険の保険商品をモデルに表示しています。

@ 船体保険
沈没・転覆・座礁、衝突・接触、火災、盗難などにより損害を受けたとき船体に生じた損害が補償されます。
  *支払保険金=損害額−免責金額(自己負担額)
但し、保険金額が船の時価より小さいときは
  *支払保険金=(損害額−自己負担額)×(保険金額÷船の時価)
A 賠償責任保険
他人にケガをさせたり、他人のものを壊し、法律上の損害賠償責任を負ったとき保険金が支払われます。
  *遊泳中の人や、他の船に衝突して乗っている人にケガをさせた。
  *船で漁網を切り漁師に損害を与えた、など。
  *保険金=損害賠償額−免責金額(自己負担額)
争訴費用については原則としてすべての費用が支払われます。
B 搭乗者傷害危険担保特約
搭乗者が偶然の事故により、死傷した場合、保険金が支払われます。
  *死亡保険金  =契約金額の 100%
    (事故の日から180日以内にその傷害がもとで亡くなられたとき)
  *後遺障害保険金=障害の程度により契約金額の3%〜 100%
  *医療保険金  =1日につき契約金額の1000分の1(180日限度)
C 捜索救助費用担保特約
搭乗者が遭難したときにその搭乗者を捜索救助するために必要と認められる費用を保険金額を限度にお支払いします。 
  *保険金=実際にかかった費用

<保険金が支払われない主なケース>
*北海道、本州、四国、九州、奄美の各本島および沖縄諸島の陸岸から200km超
 離れているときの損害[船体、賠償責任、搭乗者、捜索救助費用]
*地震、、噴火、津波、戦争、原子力危険[船体、賠償責任、搭乗者、捜索救助費用]
*故意による損害[船体、賠償責任、搭乗者、捜索救助費用]
*酒酔操縦による損害[船体、搭乗者、捜索救助費用]
*セールおよびドライブユニット(船外機についてはロワーユニット)に生じた損害
 (ただし、全損と成った場合は対象となります)[船体]
*エンジンの焼付によるエンジン自体に生じた損害[船体]
*高潮、暴風雨などの風水害(ただし、航海中、艇庫内保管中、船舶の保管業とする
 保管業者委託注は除きます)[船体]
*エンジンのみの盗難(ただし、航海中、艇庫内保管中、船舶の保管業とする保管業者
 委託注は除きます)[船体]
*法令違反によって生じた損害[船体]
*故障損害(偶然な外来の事故に起因しない電気的・機械的損害)[船体]
*欠陥、摩擦、腐食、さび、その他自然の消耗[船体]
*詐欺または横領[船体]
*被保険船舶搭乗者、同居の親族、使用人に対する賠償責任[賠償責任]
*被保険者が所有・使用・管理する財物の損壊についての賠償責任[賠償責任]
*日射・熱射・精神的障害による身体障害[搭乗者]
*所有者・管理者等の承諾を得ない者の操縦による損害[搭乗者、捜索救助費用]


<国内旅行総合保険・レジャー保険>
(参考)

国内旅行保険(国内旅行総合保険・国内旅行傷害保険)とはどんな保険?
 国内旅行保険または国内旅行総合保険、レジャー保険と呼ばれ、その名前のとおり国
内旅行中の傷害に備える傷害保険の一種です。しかし、普通傷害保険とは違い国内旅行
保険には様々な国内旅行中のリスクに備える特約をセットすることができます。つまり、
傷害保険を国内旅行中に限定した物ではなく、国内旅行中に起こりうるケガや、物品の
盗難、賠償責任、救援費用等に備える事ができる国内旅行に特化した旅行の保険です。
 旅行の保険といえば飛行場で飛行機に乗るときに入る保険と連想する人が多いと思い
ますが、車での日帰り旅行や、ハイキング、キャンプ、登山に出かける場合はいっそう
頼りになる保険です。
 飛行機での旅行の際も、自宅を出た時点で旅行は始まっているわけですから、前もっ
て加入しておけば飛行場までの道中も補償の対象になります。バスや電車で子供が初め
ての一人旅、子どもと一緒にサイクリング、ドライブやバスツアーどんな場合でも、ご
自宅の玄関を出たときから保障が始まります。
※自動車、航空機、船舶等の所有、使用などに起因する損害賠償責任は保障されません。

国内旅行保険(国内旅行総合保険・国内旅行傷害保険)の主な補償項目
 1.国内旅行中のケガに起因する死亡
 2.国内旅行中のケガに起因する治療費用
 3.携行品の盗難、破損、火災による焼失等の損害
 4.国内旅行中にあやまって他人にケガをさせたり、他人のものを壊したりした場合
   の損害賠償
 5.ケガ、遭難などで家族が現地に駆けつける場合の費用
 6.遭難などで捜索が必要になった場合の捜索費用


こんなときに安心、国内旅行保険(国内旅行総合保険・国内旅行傷害保険)
 1.ハイキングや日帰り旅行、スポーツ中のケガも補償されます。
 2.カメラや旅行バッグの盗難や破損も補償されます。
 3.買い物中にお店の商品を誤って壊してしまっても弁償費用が補償されます。
 4.ハイキングや登山中に道に迷ってしまい、ヘリで捜索してもらっても捜索費用が
   補償されます。
 5.特約を追加すればピッケルやザイルを使うような本格的な登山も補償できます。

●参考
 ハイキングや登山で遭難したり、ケガをして民間のヘリコプターに捜索・救援を依頼し
 た場合最低1時間35万円程度の費用を請求されます。

SUBMENU

掲示板
各地のヨット(都道府県)
各地のヨット(abc)
ヨットクラブ・マリーナ
スクール・チャーター
船舶免許・ディーラー
マリンGOODS
マリンBOOKS
海外ショッピング
相互リンク申込フォーム
管理人のHP:COWBELL

MARINE GOODS



RECOMMEND




 

copyright 2006 © www.putipure.com